→ クラブの歴史・概要
  設立から10周年
  10年から20年
  20年から30年
 活動報告
 年間行事予定
 理事・役員・委員会一覧
 週報 <例会・奉仕活動>

リ ン ク
Rotary Japan Web
国際ロータリー第2660地区
大阪大手前ロータリークラブ
大阪天満橋RAC
ロータリー文庫
変わるロータリークラブ 「第2660地区」の元気人

 ROTRY:
 MAKING A DIFFERENCE
 ロータリー:
 変化をもたらす

2017〜2018年度 国際ロータリーのテーマ

橋本 守之  クラブの運営方針
  第50代会長 橋本 守之(Moriyuki Hashimoto)
当クラブは、来る12月7日に創立50周年という輝かしい記念すべき日を迎えます。この記念すべき年に会長を務めさせて頂くことになりました。会員の皆様と協力してこの当クラブにとって重要な年度の運営を行ってまいります。

 今年度の国際ロータリー会長イアン・ライズリー氏のテーマは『Rotary Making Difference』ロータリー変化をもたらす(違いを作り続ける)です。ロータリーとは何か、どのような団体かではなく『何をしているか』で定義され、行動をもって答えると仰っておられます。
 これを受けて第2660ガバナー片山 勉氏のスローガンは「個性を生かし参加しよう」
(基本理念と奉仕活動の実践)とされ、バランスの取れた両立を強調されています。

 私は、本年度のクラブの運営方針として「賢者は歴史に学ぶ」の教訓を参考に、大阪天満橋ロータリークラブ創立50周年記念事業及び式典を成功させることを最優先事項と位置づけました。
@ 諸先輩方が永年にわたって築いてこられたご努力の賜物でありますロータリーの
  基本理念に基づいた地域社会や国際社会への奉仕活動を継続してります。
A さらなる50年に向け世代交代を見据え、新しい時代にも受け入れられるクラブの
  運営手法・奉仕活動の在り方を戦略計画として検討してまいります。
B三世代クラブ(天満橋・大手前・中之島)との交流を更に積極的にすすめ、親睦を
  中心とした交流や、共同での奉仕活動を推進いたします。

 終わりに会員の皆様の益々のご発展とご健勝、大阪天満橋ロータリークラブの発展を祈念いたします。
当クラブへのお問い合わせ