→ クラブの歴史・概要
  設立から10周年
  10年から20年
  20年から30年
 活動報告
 年間行事予定
 理事・役員・委員会一覧
 週報 <例会・奉仕活動>

リ ン ク
Rotary Japan Web
国際ロータリー第2660地区
大阪大手前ロータリークラブ
大阪天満橋RAC
ロータリー文庫
変わるロータリークラブ 「第2660地区」の元気人

人類に奉仕するロータリー
ROTARY SERVING HUMANITY


2016〜2017年度 国際ロータリーのテーマ
石田 道夫  ■会長挨拶
  第49代会長 石田 道夫(Michio,Ishida)
「温故知新」
 此の度、49年の歴史と伝統ある大阪天満橋ロータリークラブの会長にご推挙賜り、誠に僭越では御座いますが浅学菲才の身を顧みることなく就任させて頂くことになりました。思い起こせば20年前の10月に入会させて頂き、翌年が当クラブ30周年の年でした。 40周年の年は会長エレクトを拝命し、本年は50周年の前年に会長を拝命したのも何か因縁めいたものを感じます。本年は来年の50周年に向けて、井戸50周年実行委員長、山本戦略計画委員長、 皆々様と共に大阪天満橋ロータリークラブの新しい一ページを築いて行きたく存じます、何卒宜しくお願い申し上げます。
「国際ロータリーの活動方針」
本年度RI会長ジョン・ジャーム氏は“Rotary Serving Humanity”(人類に奉仕するロータリー)“人類の奉仕”という大きな目標に向け、リーダーシップを持ちうる会員を増やし、ポリオ撲滅をはじめ “世界で善いことをする”ため伝統を継承することを求めておられます。
「第2660地区の活動方針」
これを受けて、第2660地区2016〜17年度ガバナー松本進也氏は本年度ガバナー方針として“The Ideal of Service” (サービスの理念)“奉仕の理念”ではなく、敢えて“サービスの理念”と奉仕とサービスの違いを鮮明にされました。(奉仕は一方的行為 サービスは相互的行為)
「当クラブの運営と活動方針」
来年50周年を迎えるにあたり、再度当クラブ及びロータリークラブの原点を見つめ直し、守るべき事と修正すべき事を決め、今後我々が進んでいく道標を考えて行きたく存じ「温故知新」を活動テーマとさせて頂きました。何卒皆々様一丸となって当クラブが是非入会したいロータリークラブと言われるように一緒に頑張りましょう!
当クラブへのお問い合わせ